生命保険に加入する決断をする時とは、どんな時でしょうか。

とても大切なもので誰にでも必要なものだと、誰もがわかっているのですが、 それを欲しいと思う順位は、たわしが欲しいと思う順位の次だそうです。

そのような生命保険を決断する時、意外にも直感だったりします。

例えば、「たぶんこの内容でよいだろう、でも決断できないな。

」ということで、 少し期間を置いたとします。

その期間が3日であれ1週間、1ヶ月であれ、 期間を置いて決断した時の内容と、期間を置く前の内容とは変わりません。

期間を置いたところで、3日間保険のことを考えるかというと、 そうではありません。

また試すことができないものについては、「これでいいかな」と思った 根拠のない決断が正しいことが多いのではと思います。

例えば結婚もそうではないでしょうか。

時間をかけてもかけなくても、決断内容が同じであれば早く決めて 優先順位の高いものにどんどん取り組んだ方が有効な時間の使い方だと思います。