一般的な初心者向けの外為のテキストでは、「損が生まれた場合はナンピン買いを入れることによって平均の価格をコントロールする事が出来る」等助言されていますが実際にはそれは罠があると考えます。

はじめに、ナンピン買いの方法に関してとても簡単に説明しておきます。

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。

ドル買いですから円安に進むほど儲けが出るわけですが不幸にして95円までドル安方向に向ったとします。

その場合持ち続けたとしたら、プラスになるためには損失分円安に向う必要があります。

損失は早めにリカバリしたいと願います。

ここで最初に買ったのと同額の$(ドル)を1ドルを95円で取引します。

それで、ポジションの価格は97円50銭まで下げることができますすなわち、半分の幅で円安ドル高が進行すれば損失を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピンの原理です。

ナンピン買いの理屈を理解すると「納得だ」という気分になるが、容易には問屋を卸しません。

元々、1ドル=95円が底値だということなど、誰にも分かるはずがありません。

例として、外国為替市場が相当に強い円高基調だったら、1ドル=95円では収まることなく、よりドル安に向うリスクは高くなります。

例として、97.50円でナンピン買いをした場合に、1ドル=95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピンを入れたポジションも、赤字が生じることになってしまうのである。

そういう状況では一番初めに取引したドルとトータルで更なる損失が生じます。

このように、ナンピンは難しいのだ。

ならば、マーケットがあなたのストーリー展開とは別の方向にすぐに進む場合どういった術で危険を軽減すればいいのでしょうか。

この場合選択する術は限られています。

まずはじめはあきらめて、損切りをすること。

もうひとつの選択肢としてはその時点で、自分か持っている買いポジションを縮小することによってもう一回為替が戻るのを待つことだけです。

ずいぶん受動的な手法だとおっしゃる人もいるでしょう。

だがしかし、買いポジションにマイナスが生まれた場合最も有効な対策はこの2つ以外には考えられない。

勿論、机上では、ナンピン買いという術も有効です。

だがしかしナンピンはあなた自身がマイナスになっているのに、買いポジションを減らすどころか、反対にポジションを重ねていく方法である。

この手法では、リスクを制御することなどどうやってもやりようがないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いを続ける事ができればやがてはマイナスがプラスになるかもしれません。

でも、それより前に投資資金がショートしてしまいます。