自動車用保険のひとつとして、代理店型保険と呼ばれるものがあります。代理店申込みのマイカー保険というのは代理となる店を利用して保険に加わる自動車用保険ということです。それで、代理店方式のマイカー保険に関してどんな魅力と欠点が見られるかを説明します。代理店タイプの車保険の一番の強みは、カー保険のエキスパートに相談可能という点です。クルマ保険を選ぼうとすると保険用語が理解できなかったりどの補償が適当かが理解できないことが多いです。また、関連する知識を得ておいてからカー保険を検討しようとしても想像以上に長時間の準備が必要になってしまいます。空き時間がある加入者ならばそれで良いといえるかもしれませんが、労働しながら用語を学ぶのは極めて難しいことですし、また煩雑なことでしょう。とはいえ、代理店タイプの車保険ではカー保険の知識があろうと無かろうと、エキスパートがアドバイスをくれるために、何かを勉強する理由が無いです。加えて、多様な保険相談が可能だから実際にぴったりなカー保険に加入できる可能性大です。話は変わって代理店型カー保険の弱みは決まった自動車保険の中でしか自動車用保険を選ぶことが許容されないことと料金の高額さが要注意です。通常、仲介店は取り扱っている品物を勧めてくる性質があるので、限られたカー保険会社内で自動車用保険を選定しないといけません。そのせいもあって品揃えがシステム的に限られるという弱点が存在します。その上別業者を通していることで掛け金が上昇するという短所も大きいです。